17話 魔神のたたり


 みんな死んでたら、もう魔神にはついていけない。
 恩があるとはいえさすがに引くわ……。
 ゲボクがんばるっていったばかりなのに、ヒヤヒヤしてしまった。でも、彼らは生きていた。

「うう……!」

「だれか……たすけ」

 悪い夢でも見てるのかな?

「大丈夫? なにがあったの?」

 うなされてるけど、ゆさぶってもおきない。

 門番だけじゃない。買い物途中だった様子の奥さん。市場でたおれてる店主さん。荷台にもたれかかっているおじいちゃん。
 王都の人たちはみんな、おかしな様子で眠り続けている。

 お店の売り物らしい、野菜はみんなしおれてしまっていた。カラスやネズミ、虫なんかに食べられて穴だらけだ。肉や魚は一部だけが残っていて、アリがびっしりたかってる。

 ぷうんと腐った匂いがただよってきた。

「ああああっ!」

 さけび声の方をふり返ると、カラスが集団で人をつついていた。
 眠っている人を食べてるみたい。

 もともとカラスは雑食でなんでも食べる。もちろん肉も。

 だから子ネコや子犬、鳥、人の赤ちゃんなどもおそう。大人には勝てないと思うのか、ほとんど向かってこないんだけど……。すやすや寝てるなら、大人もごはんに見えるらしい。

「しっしっ!」

 軽く手で追い払うと、カラスたちはあっさり飛んでいった。

「うう」

 つつかれた人の手足から血がでてる。死にはしないけど、痛そうだ。
 手当を、と思ったけど。
 他にもつつかれてる人がたくさんいて、キリがない。

「クーさま……」

 文句いおうと探すと、主は1羽のカラスを腕に止めていた。

「よしよし」

 カラスの首のあたりを人差し指でなでている。
 まんざらでもなさそうに目を細めるカラス。

 気持ちよさそうで、ちょっとほのぼの……ってそんな場合か! 少なくとも100人以上がたおれてるんだよ!

「ねえこれ、ちょっとやりすぎじゃない? この人たちは魔神のことなんて、なにもしらないのに……」

「生きてるだけマシだろ」

 しれっとした顔で答える青年。
 カラスのくちばしをつまんで遊んでるんじゃない。

「こういうのは理屈じゃないんだ。魔神にかかわると痛い目にあうと、わからせてやらないと」

「でも」

「さえずるだけの偽善者め」

 クーさまの右腕に止まっているカラスがつぶやく。
 老人特有のしわがれ声に聞き覚えがあった。

「ギクアル!?」

 ギャーッとカラスがさけぶ。

「その空っぽの脳みそに穴を開けてやろうか? おまえにわしの名を呼ぶのを許した覚えはない!」

 この口の悪さ、まちがいない。あの時のカラス頭のおじいちゃんだ、この鳥。ふつうのカラスに化けることもできるんだね。

「えっと……じゃあなんて呼べばいいの?」

「わしはウジ虫と会話する趣味はない」

 ひどいいわれよう。
 そもそも話しかけるなってこと?

「ギクアル。こいつは俺のゲボクだ。仲良くしろ」

「な……っ!?」

 ひどいクツジョクだとでもいわんばかりに、ふるえるカラス。
 とても嫌そうにこちらに目をやり、いまいましそうにつぶやいた。

「……偉大なるカラスさまと呼べ」

「いだいなるカラスさま」

「用もないのに呼ぶな」

「ギクアル」

「……」

「にゃーん」

 気まずい空気をセクシーな声がこわした。

「ねえねえ。変な呪いバラまいてんの、君たちだよね? 迷惑なんだけどー」

 そこには大きなネコがいた。

 2本足で立って歩く、人間サイズの不思議なケモノ。短毛種だ。体はまっ白で、耳と鼻はほんのりピンク。かわいらしい印象だけど、顔立ちは大人っぽい。体つきもスレンダーで、子ネコには見えない。

 右が金色、左が水色の神秘的な瞳。金でできた、ゴージャスな首飾りと腕輪をつけてる。長いしっぽがゆらりゆらりとゆれていた。
 たぶん敵だけど、かわいい。

「チッ、呪いが効かない神族(しんぞく)か」

 ギクアルがネコをにらむ。
 クーさまの腕から羽ばたくと、人型へ姿を変えた。

「ここはわたくしにお任せあれ。ちょうど、新しい毛皮のコートが欲しかったところです」

 白ネコは軽くキバをのぞかせて笑う。

「なに、やる気? 抵抗するなら食べちゃうぞ」

 空をおおうカラスの大群がいっせいにネコへおそいかかる。
 しかし高速ネコパンチが次々とカラスを打ち落としていく。

 ぼうっとそれを見ていたら、クーさまに手をひかれた。

「城へ行く」

「あの二匹ほうっておいていいの?」

「ザコはどうでもいい」

 ザコには見えないけどな……。

◆

 みんな寝てるから、お城に入るのは簡単だった。
 なんでこんなに扉が大きいの?

 金銀宝石がおしげもなく使われた、ゴージャスなお城。見たこともない材質の石。呪いで人が石にされちゃったのかと思うくらい、よくできた彫刻。絵画やステンドグラスなんて、初めて見た。

 値段の想像がつかないくらいキレイなカーテンやじゅうたん。長い長いらせん階段に、カッコイイ制服姿の騎士さま。貴族のお姫さまや、えらそうな人がバタバタたおれている。メイドさんたちもたくさんいた。

 ……これ、いまみんなが目を覚ましたらどうなるの? 私たち死刑とかにされちゃう? ひえぇぇ。ニヘンナ村よりもひどい目にあいそう。

 怖くなって、クーさまのそばへ走る。
 ふと、彼が足を止める。
 閉じた扉の前を守るように、騎士が立っていた。

「だれだ? ここへなにしにきた」

 少年は素早く腰の剣をぬき、威嚇するようにかまえる。

 16歳くらいかな?
 金髪に緑の瞳。ややつり上がった目はネコみたいにパッチリしてる。

 表情はりりしいけど、顔だちは中性的で女の子みたい。身体も男にしてはほっそり。でも筋肉はある。たくさん走る人の体型だ。

 立派な制服をきてるけど、なぜか右腕のあたりが血でそまって破れてる。ケガをしてるのかと思ったけど、腕はキレイで傷1つない。

 この人、どうしておきてるの?

「ジャマだな」

 クーさまはめんどくさそうにつぶやく。

「答えろ」

 じり、と騎士が間合いをつめる。
 クーさまは笑った。

「見てわかるだろ? 王族を殺しにきた」

「えっそうなの!?」

 神さまを食べにきたんじゃなかったっけ?

 黒髪の美青年が青い目でこちらを見下ろす。

 彼も中性的ではあるけど、タイプはまるでちがう。少年騎士は女装がにあいそうな感じ。クーさまは男としてすでに成長しきっていて、女装はムリ。セクシータイプだ。

「この城からエーテルピア神の気配がする。たしかあいつはカーラ帝国の王女とヘイテス国の平民を愛人にしてたはずだ。王族に子孫でもいるんだろう。王族を手にかければ、復活途中の不完全な姿でもあらわれるはずだ」

「おびきよせて食べるつもりってこ……と!?」

 騎士がクーさまに斬りかかってきて、体がすくんでしまった。
 クーさまは軽くかわしたけれど、

「王族の殺害予告は、死罪。斬る!」

 騎士はすぐにまたおそいかかってきた。