1話 ゲボク誕生

「お父さん、大丈夫かな?」
「……」
 聞こえてないみたい。
 お母さんは真剣な顔でガケの下をながめている。
 これ大丈夫じゃないやつだ。
 やっぱり私たち死んじゃうのかな……。嫌だな~。まだ13年しか生きてないのに。
 恋とかしてみたいし。いつか島の外に遊びに行こうって友達と計画してたのに。
 それに、収穫祭ではごちそうたくさん食べるんだって楽しみにしてた。
 ……なのに、こんな所で死ぬのかぁ。
 ガケ下では男たちが戦ってる。相手は手のひらくらいのフナ虫。
 ただし、1万匹くらいいる。
 おまけに人面虫……っていうのかな?
 背中に人の顔がついている。
 髪の毛ないし、まぶたも白目もない。
 黒目が2つあって、鼻が1つ。口が1つ。甲羅の形がそのまま顔。
 そんな不気味な顔から細長い脚がうじゃうじゃ生えている。
 キモイ……。
 これがニヤニヤ顔で「ヒヒヒヒ」とか「ホホホホ」とかしゃべるのだ。本来の口で人間をむしゃむしゃ食べながら。
 すごくキモイ。
 いきなりこんなのが襲ってくるなんて、ついてない。
 村長の指示で男は戦い、女子ども、年よりは山に避難している。
「男たちは強いから大丈夫だ。みんな筋肉モリモリの漁師だし、モンスターとも戦いなれてる」
 大人たちはそういったけど。
 なんか……ダメそう。数が多すぎてキリがない。
「あっ」
 だれかが声を上げる。
 見ると、下で村長さんがたおれたところだった。
 目をやられて転んだみたい。すぐにわっと大群が襲った。
 頭から足のつま先まで。
 全身をモンスターたちに食べられていく。
「あーっ! あーっ! あああああ!」
 耳をつんざくような断末魔がひびく。とても見ていられなかった。
 目をそらそうとしたら、
「村長っ!」
 お父さんが群れにつっこんでった。
「お父さん!」
 あんなに食べられてたら、どうせもう助からないのに。
 冷酷なことを考えてしまう私をよそに、お父さんは走る。
 虫におおわれてまっ黒になった村長さんをかつぎ、海へと飛びこんだ。
 なんで海に?
 びっくりしたけど、見たらわかった。
 村は人面フナ虫にうめつくされてる。
 でも、海には虫がまったくいなかった。
 もしかしてあいつら、泳げないの?
 きっとお父さんもそう思ったから、海に逃げたんだ。
 ドキドキしながら見守っていると、なにかが浮かび上がってきた。
 黒いダンゴムシみたいな……フナ虫だ!
 海でおぼれ死んで、村長さんの体からはがれたの?
 期待したけど、まだうねうね動いてる。海は苦手だけど、死ぬほどじゃないのかな?
 フナ虫が10匹くらい浮いてきたけど、2人は浮いてこない。
 まさか、し……。
「お母さん、お父さんが!」
「……」
 お母さんはうつむいて泣いていた。目を閉じて耳までふさぎ、震えている。
 とても話ができそうにない。
 下で戦ってる他のみんなは?
 だれかお父さんと村長さんを助けて。まだ生きてるかもしれない。
 そう思って身をのりだしたけど、ムリそう。
 みんな、だれかを助ける余裕なんかない。
 全身を虫に食われながら戦い続けている。もうだれも海なんか見てない。
 だったら、自分で行くしかないよね。
「お母さんごめんね。私行ってくる」
 それだけ告げてガケから飛びおりた。
 どうせ、ここに残ってても死ぬだけだ。モンスターたちは山に女たちがいるって気づいてる。さっきからすっごい目が合ってるからね。
 ガケの途中にはあちこち岩がでっぱってる。
 木が生えてるところもいくつかある。
 だからその枝につかまって着地すれば――ボキッ。
「え」
 まさか枝が折れてモンスターの上に落ちるなんて。
 ぐちゃっとなにかを踏み抜いた足。
 とびちる緑の体液。
「きゃーキモイー!」
「ヒイイイイイイイ!」
 まわりのフナ虫たちがびっくりして、少しはなれていく。
 いまだ!
 無我夢中で走ると、ぐっちゃんぐっちゃんとフナ虫がつぶれていく。
 足に脳みそだか内臓だかがついちゃってひたすらキモイ。
 でもこいつらけっこー弱いじゃん。
 これなら私でも戦える……なんて思った直後。
 なめんなよとばかりにフナ虫の大群が襲いかかってきた。
「きゃー!? やっぱムリー!」
 終わったー! 私の人生終わったー!
 泣きながら海へ走る。
 せっかくここまで来たんだから。
 お父さんたちの無事を確認してからじゃないと、死んでも死にきれない。
 太ももや足首がズキズキする。フナ虫がはりついて噛みついてるみたい。チラっと見えたけど、ふりほどく余裕はなかった。
 止まったら全身やられる。
 やっとのことで海辺について、岩からジャンプ。
 いつのまにか顔や上半身も虫にやられてたみたい。海水が傷口にしみて、声にならないさけびがでた。
 痛い痛い痛い痛いしみる。
 水中だからわからないけど、たぶん涙でてる。
 痛くて動けなくて、うつむいたらなにかが見えた。
 暗い暗い海の底に、人影が2つ。
 お父さん!
 村長さんといっしょだ。
 目を閉じたまま動かない2人を見て、ゾッとした。
 急いで助けなきゃ!
 彼らの腕を引っぱると、虫がポロポロとはがれ落ちていく。おぼれ死んだらしい。
 まさかお父さんと村長さんも、と考えてしまって背筋が震えた。
 バタバタ足を動かして海面をめざすけど、ぜんぜん浮かばない。
 2人が重すぎて、私までしずんでいく。
 水中だからちょっとは軽いかと思ったのに。
 必死でバタバタ泳いだけど、ダメだった。
 ゴボゴボと口から泡がでていくばかり。
 もう息ができない。
 目も見えなくなってきた。
 両手につかんだ2人を離したくなくて、ぎゅっとにぎった。

◆

「その2人を助けたいのか?」
 いきなり頭の中に声がひびいた。
 うっとりするような、美しい男の声。
「だれ?」
 気づくと私は自分を見下ろしていた。
 お父さんと村長さんをつかんだまま、海の底へとしずんでいく体。
 不思議といまは苦しくない。
 私、死んじゃったのか……。
「俺は魔神クーロアタロトス。俺はおまえが気に入った」
 おそろしく大きなバケモノの手が私たちを受け止めた。
 海の底は暗くて、腕の先にあるはずの体は見えない。
 でも、3人を軽々とすくい上げた手はうっすら透けていた。
 獣みたいに毛むくじゃらで、魔物みたいにゴツイ。指が6本あった。
 長い爪はナイフみたいにギラギラ光ってる。
「魔神? 魔神って、たしか悪い神さまのことだよね。それが私になにか用?」
 まさか、私たちを食べるつもり?
 ガタガタ震えていたら、彼はケラケラと笑った。
「おまえは面白そうだ。無力なくせに空回って自爆する無様な姿がなかなか良かった」
「どーせ、なんの役にも立てなかったよ」
 役立たずって自覚はある。
 せめて、助けたあとに死ねば良かったのに。
「まだ間に合う。おまえの魂をよこせば、2人を助けてやる」
「えっ」
 いま、助けてくれるっていった?
「私は? 3人とも助けて!」
「それはできない。3人で死ぬか、2人助かるかだ。わかったらさっさと”はい”といえ。あと30秒であいつら死ぬぞ」
「だだだだって! 魂よこせとかいわれても!」
「早く」
「じゃあ、2人だけじゃなくて村のみんなも助けて! あのキモいフナ虫みな殺しにして!」
「いいよ」
 男の笑い声が、ひびく。
 なんでだろ? とっても優しそうな話し方なのに。
 死ぬよりも怖いあやまちを犯してしまった気がした。

◆

 小さいころはよく、空を飛ぶ夢を見てた。
 見なくなったのはいつからだっけ?
 人間は空を飛べないってバカにされてからだったかなぁ。
 夢の中で、私は久しぶりに空を飛んでいた。
「あー、数百年ぶりの外だ。体があるってすばらしい!」
 上空から村を見下ろして、嬉しそうにケラケラ笑っている。
 なにが面白いんだろう。村が人面フナ虫におおいつくされて、人が死んでるってのに。
 緑の瞳のはずなのに、なぜか赤く光ってて怖いし。
 両手を合わせると炎が生まれた。
 めらめらと燃える、大きな青い炎。
 私は空中でくるくると踊るように回る。
 まるでワルツみたい。
 くるくる。くるくる。楽しいな。
 それに合わせて炎も踊る。巨大な炎は竜巻のよう。あっという間に村を焼いた。
「ヒイイイイイイイ」
「ほあああああああああ」
 人面フナ虫たちがのたうち回って死んでいく。
 あはは、ざまあみろ!
 ……ってちょっとまって。村のみんなは? いっしょに焼いてない!?
 さけぶと、”私”と目が合った。
 見たことないような邪悪な目つきでニヤアと笑う。
「寝てろ。じゃまだ」
 プチンと意識がとぎれた。