50話 迷いゲボク、探してます


 そのあと。
 とても大ごとになってしまって、かくすこともできず……。ゴチェフはすみやかに逮捕され、裁判がひらかれた。

 「ゴチェフの罪と罰を決めるぞ裁判」である。

 酒によってカイゲツさまに願いごとをした。
 そしたら途中で魔神があらわれて、カイゲツさまを殺してしまった。

 ゴチェフは正直にすべてを話して、みんなにあやまった。

 守護神が死んでしまったし。魔神の封印までとけてしまったわけだ。
 死刑を覚悟している。

「どうしてこんなバカなことを?」

 裁判官が問う。

「余命半年っていわれたから、1人で死ぬのがこわくって……どうか俺の命だけでゆるしてくれ! 家族は関係ないんだ!」

「いや、べつに死ななくていいですよ。あなた死刑にはなりません。家族もね」

「へっ?」

 まさか、こいつも×××××よこせとかいうんじゃ……。

「カイゲツさま、どうぞこちらへ」

 裁判官の言葉に耳をうたがった。
 スタッフが小さな水槽を台車にのせて運んでくる。その中には、手のひらサイズのクラゲがいた。

「ハアイ」

 ききおぼえのある少女の声。ゴチェフはぶるりと肩をふるわせた。

「かか、カイゲツさま!? 魔神に殺されたはずでは……」

「そおよ。色男に殺されるの、ちょっとコーフンしたわハアハア。抵抗できないくらい好みのタイプだったのよ。食べられてもいいとまで思ったのに、食べてくれなかったのよねぇ。急いでたのかしら?」

 野太い男の声でクラゲがしゃべる。

「あの……×××××みたいな声になってますけど」

「だれが×××××じゃい! ア”ア”ン!?」

 裁判官がコホンとせきばらいを1つ。

「……カイゲツさまは不死身の神。死んでも、すぐに復活されるのです。完全に復活するのに100年くらいかかるそうですがね」

「しばらくはただのクラゲだわね」

 かわいい女の子の声にもどって、クラゲはうなずく。
 裁判官は説明した。

「魔神におそわれたのはうちだけじゃありません。グリアス王国、シアーナ共和国、グパジー帝国がやられたそうです。この3国が勝てない相手ですから、うちが勝てるわけもなく……カイゲツさまだけですんで運が良かったといえるでしょう」

「おいジジイ、アタクシのまえで良かったとかいうな」

「そうですか、それは良かった……」

 ゴチェフはホッとする。

「×××××もぐぞコラ」

「それだけは許して!」

 ゴチェフと裁判官が下半身をかくした。
 やがて、裁判官が背筋をのばす。

「しかし。カイゲツさまを呼び、国民を危険にさらす願いをしたことは変わりません。あなた元首クビです。あと全財産没収。これまでまじめに働いていましたし、人望もある。これくらいで良いでしょう」

 判決がでた。死刑にならずにすんだ。
 ……しかし、ゴチェフはあんまり嬉しくなかった。

 いまたすかったって、どうせ半年後には死んじゃうんだよな……。

「そうそう、ゴチェフどの。あなたライライ病で余命半年だといわれたそうですが……治るかもしれませんよ」

 裁判官がいう。

「えっ?」

「ライライ病はアリッタ共和国では不治の病です。しかし、グリアス王国ではふつうに治せる病気だそうです。けっこう有名な話なのに、あなた知らなかったんですねぇ。医者にいわれませんでした?」

「エーッ!?」

 ゴチェフは頭をかかえる。
 いわれてみれば……グリアス王国がどうのこうの、と医者がいってたかもしれない。

 余命宣告されて頭がまっしろになって、ぜんぜんきいていなかった。

「お……お……」

 まだ生きられるというよろこびで、体がふるえる。
 次に、なれない酒を飲んで暴走した自分を思いだす。

「おさわがせ、しました」

 あまりのはずかしさに、ゴチェフは赤面した。

 一文なしになってしまったので、実家に金をかりて。グリアス王国の治療を受けたあと。
 働いて借金を返しながら、ゴチェフは趣味を始めた。

 人生を楽しまないまま死ぬなんて、イヤだから。

「前元首のゴチェフって俺たちのこと殺そうとしたらしいぜ」

「サイテー」

 ゴチェフの評判は地に落ちた。町へでかけると、たまに生卵ぶつけられる。
 だが、なぜだろう?

 評判がよかったときより、ずっと楽だ。

「ゴチェフさま最高!」

「ステキ!」

 なんていわれていた時は、1つのミスも許されなかった。

 ささいなミスが命とり。すぐにゴシップは広まり、誹謗中傷がとんでくる。だからみんなに嫌われないよう、いつも人の顔色をうかがっていた。

 いまはみんなに嫌われている。つまり、いまさらどんなミスをしても大して影響ないってこと。
 俺は自由だ。

「ハハッ」

「なあに、思いだし笑いなんかして」

 妻のミリーが眉をひそめる。
 裁判のあと、

「俺といっしょにいるとおまえもいじめられる。だから息子を連れて外国へ逃げろ」

 そう告げたのだが、

「あの子はもういい年した大人よ。外国でも1人でくらしてゆける。私はあなたと残ります」

 といってくれて、ここにいる。
 正直まったく美人ではない。しかしブサイクなゴチェフを愛してくれている、最愛の妻である。

「いや、俺は幸せ者だなあと思ってね」

 残りの人生は、とても楽しくなりそうだ。

◆

 魔神がアリッタ共和国をさったあと。

「はい、ゲボク!」

 悪魔イザベラはニンマリと笑った。その胸には、小型犬をだいている。

 とても毛なみの良い、長毛種。赤っぽい茶色と白の毛はフワッフワ。いかにもさわり心地がよさそうだ。
 ウルウルした、つぶらな瞳でこちらを見ている。

「ちがう」

 魔神は冷ややかに告げた。

「元人間の女アンデッドだといっただろうが。13歳。身長154センチ」

 イザベラはびっくりしたようにくちをまげる。

「えーっ、人間を犬にしたんじゃなかったんですかァ? だって魔神さまの恋愛対象って哺乳綱食肉目イヌ科(ほにゅうこうしょくにくもくいぬか)でしょ? オオカミだし! 同じ犬畜生(いぬちくしょう)っていうかァ」

 彼女は人の話をきかない。3女がいれば少しはきくが、だいたいこんな感じだ。
 ゲボク探しを命じただけなのに。いったいどうして恋だの愛だのという話になるんだか?

「よこせ」

 魔神はそっと犬を彼女から受けとる。地面へおろすと、犬は飼主の元へ走って行った。

「キャンキャン、キャンキャン!」

「べすちゃあああん!」

 飼主が犬をだきしめる。悪魔にムリやりうばわれて、ずっと泣いていたのである。

「よその犬をさらってくるんじゃない。かわいそうだろ」

「あっ、そうか。小型犬じゃなくて中型犬だったんスね! いっけな~い」

 イザベラが長い舌をだしてかわいこぶる。

「……」

 魔神は彼女を爆発させてやりたい衝動にかられた。内臓をまきちらしながらこいつがふっとんだら、スカッとするだろうなぁ。男だったらたぶんやってた。

「ヒッ」

 そんな殺気を感じとったのか、イザベラは急に大人しくなった。

「もういい。帰れおまえ」

「了解!」

 悪魔イザベラは魔界へ帰った。

◆

 悪魔3姉妹、長女ミザリー。
 1つ目の彼女は、人間の少女を20人くらい連れてきた。

 どれも13歳くらい。身長もだいたいあっている。赤毛で髪が長くて、やせっぽっち。緑の瞳。
 みんなロープでしばられ、イモムシのようにころがっていた。

「きゃあああああああ!」

「たすけて!」

「バケモノに殺される!」

「おかーさーん!」

 すべて人ちがいだったが、特徴はあっている。

「その調子でたのむ。ねんのため赤毛の死体も探してくれ。バラバラになって海にしずんでいるかもしれない」

 魔神が告げる。

「……」

 ミザリーはくちがない。だから、返事の代わりにカーテシーをした。

 ちなみに、さらった子どもたちは家に帰した。

「悪魔が子どもをさらいにくる」

 とウワサになった。